勝負はすでに始まっている|音楽を本格的に学ぶなら通信制学校へ|基礎から徹底的に教えてくれる

音楽を本格的に学ぶなら通信制学校へ|基礎から徹底的に教えてくれる

勝負はすでに始まっている

大人と学生

大学に合格するために有利

最難関大学に合格した人たちの出身校を見てみると、中高一貫校出身の生徒がかなり多いのに気がつきます。もちろん、どこの学校に通ったとしても合格できるかは本人の努力次第です。しかし、受験勉強においては環境が大きく影響するのも事実です。中高一貫校に入学するルートには中学受験と高校受験のふたつがありますが、少しでもいい大学に合格したい場合には中学受験の方が有利です。中学受験で入学をすると、かなり早い段階でカリキュラムを消化しきれます。例えば、一般的な中学生は3年生の秋ごろにひと一通り教科書を学び終え、そこから高校受験に向けて過去問をたくさん解くなどの演習に入ります。ところが、中学受験で入った組はこのステップを飛ばし、すぐに高校一年生が学ぶ勉強をスタートさせられます。当然、高校の範囲を学び終えるまでの期間も短くなり、その分だけ大学受験に当てられる学習時間が増えます。大学入試を突破するためには暗記が不可欠で、知識をたくさん覚えるためには時間がたくさんあった方がいいわけです。

学習塾に通った方がいい

高校や大学の入学試験は独学でも十分に突破できます。ただ、中学受験に関しては学習塾に通うべきです。実際、中学受験をパスした生徒の大部分が何かしらの形で学習塾に行っています。中学受験はほかの年代の試験とは違って単純に知識の量を問う問題が少なく、どちらかと言うと発想力や思考力などの頭の回転や柔軟性を必要とするものが多いです。応用力を養うためには指導する能力の高い先生に教わるのが一番の近道で、少しでも合格できる確率を上げたいなら塾へ行った方が無難です。もちろん、家族や友人のなかに中学受験の経験者がいる場合にはその人に家庭教師をお願いするという手段も取れます。ただ、中学受験の傾向は年々変化しており、ここ数年の動向を踏まえながら必要な能力をのばすためにはプロフェッショナルに頼った方がいいでしょう。中高一貫校が多数存在する都市部にはそこを志望する子どものための学習塾もたくさんあります。体験入学などを行っているところもあるので、中学受験を考え始めたならば行ってみると雰囲気をつかめます。